アリス・インプラントセンター高松. 香川県 高松市 インプラント ホステル測定器 クリーンエリアプラ リアルソニック
 
病院情報
院内案内
当院のインプラント設備
インプラント Q&A
インプラントのお話
母とインプラント
インプラント療法とは
ノーベルバイオケア
nobelbiocare
よくあるご質問
インプラント治療について
オステル測定器
クリーンエリアプラス
リアルソニック
お問い合わせ
ブログ
 
ホーム > インプラントQ&A
インプラント Q&A
 

そもそもインプラントとは?

 差し歯など、ほかの治療と何が違うのか。特徴やメリット・デメリットなど。

.チタンやセラミックスなどの素材で作られたインプラント体を手術的に顎骨に植えて、創治癒を待った後にその上に人工歯冠・上部構造をつける一連の治療を、インプラント治療といいます。従来のブリッジや有床義歯と違って、また周囲の歯を削ったり、歯に引っかけたりしてそれらに負担をかける必要がないため、天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られるといわれています。
 

治療費はどのくらいかかりますか?

 あまり具体的には書けないとしても、おおよその幅は知りたいです。

 1本5万円〜80万円とか。その上で、その差が出る理由も知りたいです。

.インプラント治療は保険のきかない治療になりますので、またインプラント体(人工歯根)の材料、手術方式等によっても異なってきますので、費用については一概に言えませんが、私が調べた範囲内では基本的な手術(骨移植等を含まないなど)のケースで 35 万円から 50 万円ぐらいが相場と言うところではないでしょうか?

 

どんな仕組みになっていますか?

 構造の種類や、どんな素材が使われているかなど。

.インプラントは、アゴの中に埋め込むフィクスチャー(歯根部)、歯の部分にあたる上部構造(歯の部分に相当する)、それらを連結するアバットメント(支台部)の3つの部分から構成されています。

(図の出典:ノーベルバイオケア社HPより
 

口腔内に使用するインプラント素材の種類がとてもたくさんあり、全世界で 100 以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。インプラント体には様々な種類があり、以前はインプラントの材料にもコバルト、クロム、金、白金、セラミックなどが用いられましたが、現在では、ほとんどのインプラント治療の母体として使用される素材はチタンが主流になってきました。そして歯の部分(上部構造)を形成しているのは、セラミックを使ったものが一般的ですが、咬み合わせの特に強い方、歯ぎしりのある方などでは咬む面を金などの金属で覆ったものを利用することもあります。噛みあわせを良好に保つことに優れたもの、前歯など部分的な場所に優れているもの、上あご・下あごなど骨の形状に合わせたものなど、インプラントの種類は歯を支えているあごの骨、歯の噛み合わせなど、個々の口内の状況や顎骨の構成に合わせた種類を選択し、使い分けられています。

 

治療の流れはどうなりますか?

 痛みなどはありますか?

.インプラント製品のシステムにより治療の流れは若干異なりますが、基本的なものとしては以下のようになります。

1.診査診断・治療計画

2.一次手術(インプラント体埋入)

3.二次手術(アバットメント装着)

4.上部構造作成

5.メンテナンス

手術は一回だけのシステムもあり、また最近では、ケースによっては一次手術当日に仮歯まで入れる方法もとれるようになってきました。

痛みについては、インプラントを埋め込むときなどには、あらかじめ、しっかりと麻酔を効かせて治療していきますので、痛みを感じることはありません。治療の後で、多少の痛みがでることもありますが、お薬で抑えられる程度のものです
 

治療期間はどのくらいかかりますか?

 個人差や症例によって変わると思いますが、こちらも目安が知りたいです。

A. 顎の骨の状態、お口の中の環境や全身的な病気の有無などにより治癒期間は異なってきますが、一次手術でインプラントを埋入してから上顎で約四ヶ月、下顎で約三ヶ月の治癒期間が必要と言われています。術前の診査診断、治療計画から上部構造物の作成までをあわせると、最低でも約半年間程度の治療期間が必要と考えられます。

ただし、最近ではインプラントを入れてすぐに仮歯まで入れられるケースや、症状によっては早めに二次手術を行うことが可能な場合もあります。

インプラントの埋入をすぐに行うことは簡単です。 しかしながら、安易に治療期間の短縮をはかるのは考えものです。 安全で確実な治療を目指すためには、十分な診査診断を行い、綿密な治療計画を立て、インプラント義歯が入った後も、それが長持ちするようにお口の中の環境を整えるメンテナンスの計画もたててから治療を行うのが適切であると考えています。

 

インプラントができるかどうか、どうやって確かめますか?

 また、それについても料金がかかりますか?

年齢の目安もあれば教えてください。

.以下の方はインプラント治療ができません。

・顎の骨の成長が終わっていない年齢の方、概ね 16 歳以下の方

・歯磨きなどの日常の清掃が充分にできない方

・チタンへのアレルギーを持っている方

・アルコール依存症の方

・歯科医師と意思疎通ができない方、精神的に問題のある方など

 

また、以下の方はインプラント治療が制限されます

・顎の骨の量が少ない方

・妊娠中の方

・糖尿病や高血圧など全身疾患のある方

・重度の虫歯、根の病気、歯槽膿漏のある方など

 

上記をふまえた上で、術前の問診、血液検査などの臨床検査、X−ray診査(CTを含む)、模型作成などを行い、インプラント治療が可能か否かの診断を行っていきます。これに関わる費用については各々の歯科医院によってインプラント治療の総額に含まれる場合と、別立ての場合がありますが、診断料のみとしては一万円〜五万円程度ではないでしょうか。

 

インプラントに成功・失敗ということはありますか?

 もしあるなら、それは何を指していうのでしょうか。成功の確率は?

.インプラント治療も人間の行う治療法の一つである以上、 100% 成功というわけではありません。しかしながら、その予後のデータはブリッジや入れ歯といった従来の治療法と比較してかなり良い成績が報告されています。

1965 年、ブローネマルク教授によって治療された最初の患者さんは、治療後 40 年近く当時のインプラントを使用して、最近亡くなりました。
現在、当院で使用しているインプラントシステムのひとつであるブローネマルクインプラントの20年累積残存データとして発表されているものには、 1983 年から 85 年にかけて治療された報告で、上顎 90.0% 、下顎 92.3% というデータがあります。
また、 10 年以上のデータでは 96% という報告や、 5 年以上のデータでは 98 %以上という報告もあります。

インプラントシステムや使用材料あるいはCTなどの画像技術の進歩により、より正確な術前診断が可能になり、手術法も日々研究を重ねて改良され進化していますので、その残存率は飛躍的に伸びているのが現状です。
  しかし、過去のデータは、未来の個人の症例にかならずしも当てはまるものではありません。治療後の清掃状態、咬み合わせなどによって、インプラント治療の未来、成否は大きく影響されます。インプラント治療をするからにはその歯を失った原因があるはずです。失われた歯がインプラント義歯として蘇ってきたと考え、患者が原因の除去につとめ、口腔内の環境を整え、その歯を二度と失わなわないように、治療をする医師側と、治療を受ける患者側の協力体制を強固に築きメンテナンスを続けていくことが大事であると考えています。

 

どのくらいの期間持ちますか?

 使用した材質や症例などで変わると思いますが、目安が知りたいです。

 どんなことをしたらダメなのか、どのくらいの固さの食品をかめるのかも。

. 前述しましたが、どのインプラントが何年持つかという統計学的データとしては様々なデータが出ています。当院で使用しているインプラントシステムのひとつであるブローネマルクインプラントの20年累積残存データとして発表されているものには、 1983 年から 85 年にかけて治療された報告で、上顎 90.0% 、下顎 92.3% というデータがあります。また、 10 年以上のデータでは 96% という報告や、 5 年以上のデータでは 98 %以上という報告もあります。しかし、過去のデータは、未来の個人の症例にかならずしも当てはまるものではありません。治療後の清掃状態、咬み合わせなどによって、インプラント治療の未来、成否は大きく影響されます。インプラントを長持ちさせるためには、患者側と医師側が協力してメンテナンスを行い、口腔環境を継続的に整える必要があります

 

手術後は、どんなことに注意しなければいけませんか?

メンテナンスの方法も含めて。

.手術後の注意点

■  当日は激しい運動や長時間の入浴など、血の巡るような行為は避けてください。
出血しやすくなったり、痛むことがあります。

■ お薬は指示通りに服用してください

■ 痛みや腫れがあるときは、術後 2 日間くらいは冷たい氷で冷やしてみてください。
   (長く冷やしすぎるとしこりとなって残る危険がありますので、注意してください。)

■ 翌日からは血が止まり、熱がなければ入浴しても大丈夫ですが、傷が良くなるまでは血の
   巡ることをすると痛むことがある可能性があります。

■  術後 1 日くらいは傷口から血がにじむことがあります。
   血がしっかりと固まり、 止まるまではお口を頻繁にゆすぎ過ぎないようにしてください。

■  尚、まれにお口の中の血が固まり、あざのようになることもありますが、次第に消えてゆきます。

■  傷の治りが悪くなりますので、喫煙は極力控えてください

メンテナンスについて

■  全体的に丁寧に歯ブラシをします。手用・電動ブラシどちらでも構いません。

■  隙間の大きな部分は歯間ブラシや、フロス(糸ようじ)を利用して、細かいところまで磨きます。

咬み合わせが変化したり、清掃が行き届いているかをチェックするために、歯科医院で定期的なメインテナンスを行ってください。
 

治療への心がまえなどはありますか?

 治療前や、悩んでいる人に、ぜひ知っておいてほしいことなど。

. ブリッジを入れて周りの歯がダメになったり、義歯が合わなくて困っている方にとって、インプラント治療は残存している他の歯に負担をかけずに失った歯が蘇るという点では大きなメリットがある治療法です。しかし、決して夢の治療法ではありません。お手入れが行き届かなければやはりダメになってしまいます。インプラント治療を行うということは、その歯が失なわれた原因もあるはずです。蘇った歯を大切にしていただき、二度と歯を失うことがないようにメンテナンスを行っていきましょう。インプラントを入れれば全てが解決するものではありません。インプラントの義歯が入ったその時点はゴールではなく、全身の健康の入り口である口腔環境を整えるためのスタート地点に立ったのだと思ってください。

 
 
 
 
   
   
COPYRIGHT(C) 2008 アリス・インプラントセンター高松 ALL RIGHTS RESERVED. 香川県 高松市 インプラント